« 完走報告(bubbles-goto) | トップページ | 覚書き 「君と僕」を遠く離れて »

百ならベ または恋人を怒らす100の方法(魔法失敗Ver.)

題詠blog2009 全投稿歌

001:笑
笑いがお夢の遅さでひるがえり水槽高くエイが横切る

002:一日
一日の終わりのはじめ例えれば馬が厩舎に帰る頃合い

003:助
完璧な帽子掛けとして立っていた彼には助演男優賞を

004:ひだまり
ひだまりが口を塞ぎにやってくるオマエハイイコホントハイイコ

005:調
(誰ですか)(帰してください)(わかりません)きのこ殖えゆく取り調べ室

006:水玉
水玉のフレアスカート広がるをフィルムに残すロックンロール

007:ランチ
誰からもランチ誘われない人が文庫を開く 夏の100冊

008:飾
世界中寓意に満ちていた頃の飾り文字から伸びる蔓草

009:ふわふわ
叔父さんの語り続ける色話いつもふわふわ杯を重ねて

010:街
口紅とソフト帽とが向かい合い暗黒街の鏡が割れる

011:嫉妬
すみっこで頬をぷくうとふくらませ嫉妬しているピノコなのよさ

012:達
御懐妊との御達しに宮内庁御用達御虎子業者華やぐ

013:カタカナ
カタカナを二つに分ける腰掛けに適したものとそうじゃないもの

014:煮
菓子の家煮立つ大鍋ぐつぐつと絵本はカニバリズムにまみれ

015:型
教室へ手足引きずり戻るよりアダムスキー型円盤がいい

016:Uターン
クロールでUターンしてきた人の手をつかみそこねてしまう夢

017:解
セーターを解(ほど)いて作る毛糸玉 議員の息子が議員になって

018:格差
プラタナス枯れゆくままに格差社会カクサシャカイと落ち葉踏みしめ

019:ノート
童貞の頃のノートに残る歌詞 カーラジオからスローバラード

020:貧
春を待つ アパルトマンの貧乏な絵描きのように髭を伸ばして

021:くちばし
どこにでも挟むくちばし掲げつつドナルドダックが戦争に行く

022:職
彼らには彼らの道があるのだろう上空歩む鳶職眩し

023:シャツ
白シャツを棒に結んで降伏す無防備なその素裸の胸

024:天ぷら
ウィンドウに樹脂の天ぷらそそり立つ黄金の国ニッポンである

025:氷
女主人の氷の瞳溶かすのは恋ではなくて燃えるウォトカ

026:コンビニ
コンビニの監視カメラが四方から映す男の倒れゆく様

027:既
みんなみんな既婚者になっていく夜だ 電気毛布の取説を読む

028:透明
眠れない夜と眠くてたまらない真昼 どちらも半透明で

029:くしゃくしゃ
くしゃくしゃとフォークでサラドかき回し山猫軒のお客の噂

030:牛
夜ふいに耳立てる一頭の牛 群れが暴走する五秒前

031:てっぺん
てっぺんでそのときを待ち密やかに避雷針らは指を広げる

032:世界
読みかけの本をベンチに伏せるよに世界をちょっと休みたくなる

033:冠
王冠を二つ戴く代償に絵札のジャック脚を斬られる

034:序
『航空史』序章めくれば名も知れぬ墜落者たちこぼれる五月

035:ロンドン
ロンドンを熱狂させたミュージカル この秋の日の童謡殺人

036:意図
意図のみがあって意志なき自販機が缶コーヒーを吐き出し続け

037:藤
後藤真希の弟という名に厭きてTATTOOを刻むゴマキの弟

038:→
「救済のときはそこまできています」続きはWEBで  →[検索]

039:広
人々を蝕む雨に煌めける広告塔の「強力わかもと」

040:すみれ
プールからあがったあとはすみれ色した唇で焼きそばを食う

041:越
守られているだけじゃもう足りなくてフェンス越えればはじめての海

042:クリック
パソコンをわからぬ女(ひと)が華麗なる三回転半クリック決める

043:係
ヘッドホン片耳ずつを分け合っただけの肉体関係でした

044:わさび
造反という言葉あり生醤油にわさびの山が崩されてゆく

045:幕
幼子の背丈ほどある唇が唇求む銀幕の上

046:常識
少しずつ違う常識縒り合わせ親族たちは通夜に集うも

047:警
光化学スモッグ警報 校庭にアンドロイドのあの子を残し

048:逢
からまってばかりでうまくいかないなまつり縫いとかめぐり逢いとか

049:ソムリエ
昨夜観たゾンビの映画思いつつロゼを静かに注ぐソムリエ

050:災
次々とパンフレットは広げられカラフルに咲く災害保険

051:言い訳
言い訳になるから黙ってたけど、ってあとで言うよな梅雨の戻りは

052:縄
要するにみんなで縄をなうわけだ さいばんいんのつうちがとどく

053:妊娠
妊娠や堕胎のうわさ脱ぎ捨てて波打ち際を駆けるグラビア

054:首
灼熱のバス停に立つ 手に提げたガルシアの首重さを増して

055:式
東京の空を行き交う赤蜻蛉 株式会社を(株)と略せば

056:アドレス
アドレスをいくつもたどりここに来たホームページに焚き火のあかり

057:縁
霧深くふいに現る崖っ縁その真ん中の「っ」に躓いて

058:魔法
無くても死なないモノが犇めくこの部屋の「メランコリア」に魔方陣あり

059:済
ステーションホテルに月のかかるころ消毒済の便座は冷えて

060:引退
探偵に引退決意させたのはアポロ月面着陸の記事

061:ピンク
歯の型をとるため椅子にひとりきりピンクのかたまりを噛んでいる

062:坂
坂道を上った先に建つ家を引っ越すときに下りた坂道

063:ゆらり
客人はもうないだろう岸辺からゆらり離れる最後のボート

064:宮
秋暮れて水晶宮は焼け落ちる19世紀の指紋とともに

065:選挙
何の罰か逆バンジーを跳ばされる場面のさなか選挙速報

066:角
明け方の森の湿り気充ちる部屋 触角だけを震わせている

067:フルート
フルートが告げるは朝の訪れと駆け落ちをしたヴィオラの噂

068:秋刀魚
うつむいて家路をたどる男らが銀の秋刀魚の目玉に映る

069:隅
目の粗い現場写真の片隅に非常階段冷えゆく手すり

070:CD
CDの真中の穴に記録する音楽になる前の音楽

071:痩
たのしいゆめがこのままつづきますように電波に濡れる痩躯のタワー

072:瀬戸
いつの間に役目は決まる瀬戸物を割る役/欠片拾う役など

073:マスク
あの頃は面白がって眺めてた尊師(グル)のマスクで踊る人たち

074:肩
片方の靴から小石取れるまで肩を貸してた冬のグランド

075:おまけ
CMのおまけみたいな番組が地デジ対応テレビに映る

076:住
地球にて稲垣足穂仮住まい横寺日記雪ヶ谷日記

077:屑
蹴らないでください、胴の継ぎ目からおが屑がこぼれてしまいます

078:アンコール
アンコールすべて終わりてゆるやかにバラけゆく群れ それぞれの夜へ

079:恥
母親をおふくろと呼ぶ恥ずかしさ未だ慣れずに次郎柿剥く

080:午後
「半ドン」という語久しく耳にせず土曜の午後の薄れゆく空

081:早
すべるよに夏の陽を曳く散水車、お早う、子供たちよお早う

082:源
Re:Re:Re:Re:と連なる長い口論のメールの起源たどる船旅

083:憂鬱
春先の風に混じれる憂鬱にプルーストなどと名付けて飼えり

084:河
密告に怯えて窓を閉ざせども運河の水が夜更けに匂う

085:クリスマス
クリスマスツリー飾れよ子供部屋から出られないビーチボーイズ

086:符
懲役を終えて行く手を阻まれる どこへ消えたか切符切る人

087:気分
音楽が止まったとこからはじめよう、気分を出してステップ踏んで

088:編
書かれざる書物を集め編纂す 盲いた司書の午睡の夢に

089:テスト
3分後 壁に身体をぶつけ出す何のテストか知らぬラットは

090:長
死んで生き死んで生きまた本日も粗忽長屋に朝日が昇る

091:冬
溶液に腐食していく銅版画冬の木立の枝あたりから

092:夕焼け
デパートの最上階の食堂を浸すナポリタン色の夕焼け

093:鼻
ご主人様ぁと見送るメイド少女らが鼻濁音にて歌う君んが代

094:彼方
穴掘れば彼方に噎ぶバンドネオン アルゼンチンの7月は冬

095:卓
家にいる時間少なし暗がりの食卓塩のはるけき白さ

096:マイナス
着々と貯めたマイナスポイントと交換したいキカイのカラダ

097:断
残された断片のみのフイルムに明滅するは死者たちの影

098:電気
電気にも音があります宙空に指挿し入れて鳴らすテルミン

099:戻
猫戻る未明の夢の外側でミルク皿打つ春の雨垂れ

100:好
「恋人を怒らす100の方法」を好奇心から試しはじめた

※「058:魔法」のお題、間違えて「魔方陣」で詠んでしまいました。なので、オマケで「魔法」の歌をもう1首。

058:魔法
退屈な冬よさよなら どの庭も魔法の絨毯ばたばたと干す

|

« 完走報告(bubbles-goto) | トップページ | 覚書き 「君と僕」を遠く離れて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1207212/32406920

この記事へのトラックバック一覧です: 百ならベ または恋人を怒らす100の方法(魔法失敗Ver.):

« 完走報告(bubbles-goto) | トップページ | 覚書き 「君と僕」を遠く離れて »