« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

完走報告(bubbles-goto)

ふう、やっと終わったー。
「もうダメかも」と何度も思いましたが、なんとか完走しました。
今年で2年目の参加ですが、
去年同様、一人称・二人称を使わないという縛りを設けてました。
でも、「去年もできたし大丈夫だろう」なんて思ってたら、
2回目のほうが大変ですね。
ワンパターンになりそうで、苦労しました。
例によって、みなさんの歌に刺激を受けなければ、
完走はできなかったと思います。
どうもありがとうございました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

100:福(bubbles-goto)

朝立ちの回数が減り冥福を祈る回数増える四十路よ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

099:イコール(bubbles-goto)

宇宙ってどうなってるの? イコールの先どこまでも連なれる3…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

098:腕(bubbles-goto)

たくましき理想のかたち両腕を小沢健二は大きく開く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

097:換(bubbles-goto)

天井の高き空港 照明の交換をする者は天使か

| | コメント (0) | トラックバック (0)

096:交差(bubbles-goto)

ゴーストップゴーストップ交差点に無数の霊が吹き寄せられる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

095:黒(bubbles-goto)

黒猫のフィリックスをも塗りつぶすカートゥーンにはスミベタの夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

094:底(bubbles-goto)

地上での一世(ひとよ)をかけて鉱物の花を育てる地底王国

| | コメント (0) | トラックバック (0)

093:全部(bubbles-goto)

なんかもう全部ダメだわ とか言ってチンパンジーはそれきり黙る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

092:烈(bubbles-goto)

ひび割れた声轟かす街宣車車列に「烈」の文字のイガイガ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

091:旅(bubbles-goto)

「ひさしぶりだねこんなになんにもしない日は」雨の旅館で急須を揺らし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090:恐怖(bubbles-goto)

恐怖する少女の顔のおぞましく楳図かずおの描く豊麗線

| | コメント (0) | トラックバック (0)

089:泡(bubbles-goto)

Twitter泡立つ速さ野兎を見つけてはまたすぐ見失う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

088:マニキュア(bubbles-goto)

判を捺す箇所はこちらとさす指のマニキュアを見て兆す尿意よ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

087:麗(bubbles-goto)

麗しき唐突さにて舞踏家は棒切れとなり風に倒れる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

086:水たまり(bubbles-goto)

ひかる水たまり一枚、また一枚割りつつ過ぎる重きキャタピラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

085:訛(bubbles-goto)

雪国で育った人の靴音のかすかな訛りのぼる階(きざはし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

084:千(bubbles-goto)

「千摺り」と漢字で書けば儀式めき一年三六五摺り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

083:孤独(bubbles-goto)

若者の孤独の痛み中年の孤独の哀れ 二度目は喜劇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

082:弾(bubbles-goto)

シミュレーション画面緑に輝いて博士の愛した原子爆弾

| | コメント (0) | トラックバック (0)

081:シェフ(bubbles-goto)

遺言の示すレシピに乗っ取ってシェフの火葬は執り行われ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

080:夜(bubbles-goto)

かぎ裂きやワインの染みを誘うもの喜劇映画の夜会服とは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

079:第(bubbles-goto)

女子だけがどこかに消えて教室のカーテン孕む第二次性徴

| | コメント (0) | トラックバック (1)

078:指紋(bubbles-goto)

選ぶとはその他すべてを捨てること 指紋に残る朱肉を拭う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

077:対(bubbles-goto)

エイリアン対プレデター お互いの体液浴びる愛の行為に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

076:スーパー(bubbles-goto)

スーパーの試食のあとの爪楊枝みたいに捨てる堅き思想を

| | コメント (0) | トラックバック (0)

075:微(bubbles-goto)

この部屋は微熱もつ繭てのひらを春の嵐の窓に押しつけ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

074:あとがき(bubbles-goto)

船倉の鼠に寄せる友情を航海日誌のあとがきに記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

073:弁(bubbles-goto)

インク壜の沼やペーパーウエイトの丘をめぐりて思弁の旅へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

072:コップ(bubbles-goto)

ガードレールに座っています 逆さまのコップの中にいる気分です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

071:褪(bubbles-goto)

見上げれば褪せることなき青空のニセモノくさきRGB

| | コメント (0) | トラックバック (0)

070:白衣(bubbles-goto)

手品でもするかのように白衣から歯科医の取り出したる歯の模型

| | コメント (0) | トラックバック (0)

069:島(bubbles-goto)

マネキンにコートの袖を通す日は高島屋から咲く冬薔薇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

068:怒(bubbles-goto)

お怒りはごもっともですと受け止めてあとは権限のない役職

| | コメント (0) | トラックバック (1)

067:匿名(bubbles-goto)

駅前のロータリーへと降る雪よものみなすべて匿名にせよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

066:雛(bubbles-goto)

蜂起した群衆のごと一斉に床の隅まで散る雛霰

| | コメント (0) | トラックバック (0)

065:骨(bubbles-goto)

うしろから腕回すよに肋骨は春の虚ろを抱きしめている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

064:ふたご(bubbles-goto)

中心から少し左にずれて立つかつてはふたごだった青年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

063:仏(bubbles-goto)

ひんやりと仏間に足の裏ならびまるで葉書のようです かしこ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »